株式会社ウェルリス

SDGs 持続可能な開発目標

Wellrisでは事業活動を通して
SDGsに取り組んでいます

SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、
地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

児童養護施設記録入力システム MOTシステム
テクノロジーの発展により、社会が豊かになる一方で、仕事に対する効率化を求められます。 ここで云う効率化とは、個々の時間の制約です。組織運営において時代に沿わない業務設計は遅れをとります。 当社は、社会的責任投資(SRI:Socially responsible investment)の一環として、テクノロジーが行き届かない 業種にフォーカスをして、現場のニーズにあったシステム構築、付随したAI開発を無償で行っております。
対応するSDGsのゴールとターゲット
ターゲット:4.4
2030 年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事 及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
ターゲット:5.b
女性の能力強化促進のため、ICT をはじめとする実現技術の活用を強化する。
ターゲット:8.5
2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、ならびに同一労働同一賃金を達成する。
ターゲット:16.2
子どもに対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する。
CSRコンサルティング
企業の社会的責任(英語:corporate social responsibility、略称:CSR)とは、 企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、 あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家等、及び社会全体)からの要求に対して適切な意思決定をすることです。 企業の経済活動には利害関係者に対して説明責任があり、説明できなければ社会的容認が得られず、 信頼のない企業は持続できないとされる時代なのです。
 持続可能な社会を目指すためには、企業の意思決定を判断する利害関係者側である消費者の社会的責任(CSR)、 市民の社会的責任(CSR)が必要不可欠です。
対応するSDGsのゴールとターゲット
ターゲット:1.2
2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、全ての年齢の男性、女性、子供の割合を半減させる。
ターゲット:4.4
2030 年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事 及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
ターゲット:5.b
女性の能力強化促進のため、ICT をはじめとする実現技術の活用を強化する。
ターゲット:8.5
2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、ならびに同一労働同一賃金を達成する。
ターゲット:15.2
2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な経営の実施を促進し、森林減少を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で新規植林及び再植林を大幅に増加させる。
ターゲット:16.2
子どもに対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する。
エンプロイメント
社会的養護下を巣立つ児童の就労支援を斡旋しています。
対応するSDGsのゴールとターゲット
ターゲット:1.2
2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、全ての年齢の男性、女性、子供の割合を半減させる。
ターゲット:4.4
2030 年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事 及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
ターゲット:5.b
女性の能力強化促進のため、ICT をはじめとする実現技術の活用を強化する。
ターゲット:8.5
2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、ならびに同一労働同一賃金を達成する。
ターゲット:16.2
子どもに対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する。